title: マンガ '開発物語'

マンガ '開発物語'

業種別困った!

業種別困った!

公式通販サイト

染めQワゴン

ハンドブック

染めQハンドブック

ソーシャルメディアポリシーSocial Media Policy

1.定義
ソーシャルメディアとは、blog, Twitter, Facebook等に代表される、インターネットを利用した、主に個人による情報発信と、不特定多数による閲覧及びコミュニケーションが可能な媒体を指します。
2.約束
・当社社員は、ソーシャルメディアを利用するにあたり、不特定多数が利用可能な媒体であること、並びにいったん発信された情報は完全に削除できないことを常に意識し「就業規則」等、定められた内部規定を遵守した上で情報発信及びコミュニケーションを行います。

・当社社員及び関係者は、自分自身の発言が、自分だけでなく企業にとっても多大な影響を与えることを理解し、株式会社染めQテクノロジィの従業員として良識を持った振る舞いを心がけます。

・当社は、適切な情報発信及びコミュニケーションは、企業の透明性を高め、社会と良好な関係を保つのみならず、ソーシャルメディアを利用している一人一人の方における「株式会社染めQテクノロジィ」という企業及びブランドに対する信頼感・親近感・好意の醸成に寄与すると認識します。

・当社社員が個人で利用する各種ソーシャルメディア・サービスのアカウントの説明やプロフィールに、当社関係者である事を明記するかどうかは、各人の判断に委ねます。ただしアカウントの説明やプロフィールに当社関係者である事を明記している場合は、以下のガイドラインに従いましょう。

〈当社に属していることを正しく伝えること〉
当社関係者が個人で利用するソーシャルメディア・サービスのアカウントの説明(例:プロフィール)には、当社に所属していることを正しく伝えるために、業務に支障がない範囲で、部署や役職、職種を明記する事を推奨します。ただし各人が利用するソーシャルメディア・サービスのプロフィール全てに明記する必要はありません。必要に応じて判断しましょう。

〈会社としての正式な見解や回答では無いことを明示する〉
ソーシャルメディア・サービスでの投稿が、個人としての投稿であり、会社としての正式な発言や見解、回答では無いことを、アカウントの説明で明記しましょう。また認識の齟齬を避けるために、必要に応じて個別の投稿に、会社としての正式な発言や見解、回答では無いことを示しておくのは良いアイディアです。
3.対象
当社の社員全員に適用されます。
4.心得
・各媒体に参加する前に、誰が何をどのように語っているのかを傾聴・理解し、その媒体の特性を尊重した上で参加します。

・良識を持った振る舞いをし、前向きなコミュニケーションを実施します。

・第三者に対する名誉の棄損や権利の侵害、個人情報の漏えいに留意し、関係法令を順守した上で発言します。

・誠実で正直であることを意識し、誤った情報や誤解を招く表現をしてしまった場合は、速やかに訂正します。